RIDE AID IN ASO(序章)

東北も含め他の地域もそうなんだけど、大地震が起きた場所の復興への道はまだまだ遠い。
私にできることはとてもとても微々たるものだけど、熊本地震で多大なるダメージを受けた地域のひとつである阿蘇で私にもできそうな支援イベント「RIDE AID IN ASO」を鹿児島方が開催してくれた。

正確には今も開催してくれてる。(2019年4月13日 23:59現在)

降り立ったのは阿蘇駅、開始時間までまだ時間がある。
機能交換したブレーキシューの様子でも見ようと近隣を散策するサイクリングにでかけようとしたところ、一通のお知らせが見えた。

仙酔峡は5月初旬に咲き誇るミヤマキリシマがとても美しくて有名なところ。で私は行ったことがない。

近隣を散策する格好だったので、登らないでちょうど復路でダウンヒルをしてくるつむりさんとお会いできるでしょうと思って、私は仙酔峡に向かうことにした。

ちょうど登りに差し掛かったころ、つむりさんのツイートが見えた

一方その頃、私は降りてこないつむりさんをまだかまだかと待ちわびつつ、ゆっくりと登っていた。

・・・で、こちらがその結果

わたし「やったー!もしかしてつむりさーん!これで帰れる!!」
つむりさん「姉さんここまで登ってきたなら行くべきですよ!!!!」
わたし「えっ・・・・・・・?えっ・・・!?!?!」

言いながらUターンして登り始めるつむりさん。
「これがつむりさん流の愛情…!?」と勝手に解釈して、私もペダルを回す。
この後半の坂、正直ヤバいです。

そしてわたしは

そう、結局登ったのである。(※注:キツすぎて押しました)

絶景を堪能して30分。
安全第一でダウンヒル後、ようやく本番に至るのでした。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL