ブロンプトンの旅(唐津編)


年が明けて2019年やりたいことがひとつできた。

「そうだ、ブロンプトンで気軽な輪行旅をしよう。」

前回の BROMPTONカスタマイズ日記3 から恵まれなかった日々が続いていたけど、あしたは晴れ!シェイクダウンと旅の両方ともできそうだぞ!

地図とにらめっこして、唐津に行ってみることにした。
目的地は伊万里にあるドライブイン鳥。

伊万里は唐津駅から約20km。
伊万里までくれば有田や武雄、もう少し頑張れば佐賀にも足を伸ばせる場所だ。

伊万里からの帰り方は選択肢がいっぱい。
朝7時の出発を目標にしてベッドに潜り込んだ。


起きるとそこには明るい空!まぶしい太陽!
そう、日は高々と登っていて、私は思わず真顔になった。

とはいえ、10時半の電車に乗れそう。
気を取り直してバタバタ準備、「えいやっ!」と気持ちを入れて出かけた。

at 赤坂駅
深めのフローリングに白い車内に差す太陽光、心地よい色

30分ほど走ると地下鉄は地上に出て福岡市の西側姪浜の町並みが見える。
街道沿いの町並み、郊外に広がる田園風景、更に30分ほど経つと海が見える。
福岡市の更に西にある糸島市や唐津市の海だ。
電車は海沿いを軽快に走る。
私はどこで降りようか悩んだ。

海だ!!!

普通に行くと唐津駅まで行って松浦川沿いにそのまま南下するコース。
でも今日は「気軽な輪行旅」。
私は少し手前の浜崎駅で降りた。

JR浜崎駅

浜崎駅を出てすぐそばにある浜崎海岸で休憩。ここまで300メートル。

ユーリ!!! on ICEにもちょこっと登場する浜崎海岸
虹の松原と唐津の町並みが見える美しい海岸
虹の松原
長さ約4.5 kmにわたってクロマツの林が続く
サイクリングしていると動物と出会うこともある。
今日は馬とばったり

松原を抜けるとお馬さんたちとオーナーの方たちと思われる一行に出会った。
ちょうど休憩されていたので話を聞いてみると、やまなみハイウェイ沿いにあるエルパティオ牧場からやってきたとのこと。
冬の高原は寒すぎるので暖かい場所に来ることがあるとのこと。
下道と高速道路を使って片道200kmくらい。
気軽な輪行というレベルじゃない、なかなかの大移動!

「次は会いに行くね」と挨拶をして私は伊万里を目指し始める。
時刻はすでに12時半。明らかに遊びすぎ。

士郎、お腹が空きました。

松浦川沿いに走る。川沿いを走りたいなと思うけど道がよくわからない…。
からつボートを道を抜けて河川敷に入ると心地よい道が広がる。

この時点で13時半なのに距離は10kmくらいしか進んでない。
あきらかに寄り道しすぎ。’`,、(ノ∀`)’`,、

こんなに登り坂あったっけ……。
そう思いながら約1時間。私は最後の峠にたどり着いた。

13時くらいにはごはん食べてるだろうと思ってた私は15時になってもごはんにありつけてなくて息も絶え絶え。

神楽坂つむりさん( つむりの悠々自適ライフ |【佐賀】第2回ゾンビランドサガ聖地巡礼してきた【ドラ鳥リベンジ!】 )、ko-he-さんがドライブイン鳥に来てから10日遅れ。
なんとかドライブイン鳥に到着!
15時時点で30組待ちですって!!(´゚д゚)!?

心は完全に鳥モードだったから帰り道の事を考えながらまったり待つことに。
唐津駅に戻るか、もうちょっと頑張って肥前山口駅まで足を伸ばして特急かもめに乗るか、妥協して有田駅・武雄温泉駅にして特急みどりにするか……。

武雄温泉は来るときより大きい峠がある印象があるのでまたこんど。佐賀平野方面まで足を伸ばすにはもうちょっと準備しないといけない。
私は唐津へ戻ることにする。

はぁ満たされました(*ฅ́˘ฅ̀*)

時刻はすでに16時半。
ブロンプトンについているライトは心もとない。
つまり日が沈むまでがタイムリミット。
私は駆け出した。

いきなり心が折れたような気がしなくもないけどきっと気のせい。

ふと横に入った道が美しくて見惚れる。
おかしいなぁ、進まないなぁw

写真を撮りながら進むので本当に進まないw
日没前の電車に乗れそうだったからがんばったわたしは

写真を撮っていた。

そう、今回は「気軽な輪行旅!(魔法の言葉)」
乗り換えが発生する電車をパスして、唐津城を眺めて帰ることにした。

無事に唐津駅へ到着して乗車!
もちろんオチ付き

電車に揺られること約1時間。
海と田園風景と山沿いの道と鳥を堪能した私は、元気あふれる街に帰ってきたのでした。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL