ミステリー糸島

かわいい黒猫にとても警戒されたある晴天の日、サイクリングにでかけた。

行き先はたぶん糸島。
「たぶん」というのはどこで帰るのかは自由だから。
お気に入りの道を進んでいく。

気になった場所でちょっと遊んだり。

このまま日向ぼっこを続けても良かったけど前に進む。
何度も通ったちょっと変わった道だけど、いつもなにか新しい発見がある。

海岸線を走りながらふと思い出す。
数年前に行ったとてもキツい坂道。
あの坂道の先が見たい。
そう思って私はハンドルを切った。

そうこれは前菜。
たとえギアは残ってなくても、「その先へ至る」ための前菜。
落ち葉で滑るタイヤに気をつけ、横たわる竹を気をつけながら越え、「その先へ」を目指して進む。

――その先、にたどり着いた。

前は断念した「その先へ」――今日は行ける。

下り坂へ転じてみると、そこは風光明媚な段々畑だった。
降りた先は知っている道だった。
背中を押してくれる坂ソムリエさんが私に語りかけてくれた。

気になる道に入ってみる。
きっと私が知らない峠を越えて海に降りていける。
そう信じるて登ってみては行き止まりの連続。

上り坂はキツイけど、この誰も見たことがなさそうな景色はとても満たされる。

そして大体途方に暮れる。

だいたいダウンヒルは岩や石に気をつけながら慎重に楽しむ。

そうこうしているうちに見覚えがある道に出た。
単に真っすぐ走っていたら10分もかからない道。
最後の上り坂を終えて私は海に出た。

私の背中を押してくれた謎の坂ソムリエさん(仮)も役割終了だ。
この時点で時間は30分おしている。
私は急いで帰路に転じた。

行きは2時間かかったのに帰りは10分。
朝ごはんを食べることも忘れてしまった私は、はじめての大地のうどんへ向かった。



この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL