阿蘇

7月のある日のこと。

人生で初めて阿蘇の雲海を見ることができた私は最高の喜びと感じたとともに感謝をかみしめた。

阿蘇はいつも雄大に佇んていて私達を迎えてくれるけど、それは人の手入れがあってのこと。

野焼きや、道の手入れ。

もっと感謝しながら走らないといけないなと思った。