MCKINLEY

その名前を聞いたのはつい昨日のような、もっと前のような。
ちょうど、ロードバイクだと街乗りする時に服装が制限されることについてちょっと考えてた時。
スタッガード(いわゆるママチャリみたいな形)の自転車だったらそんな事なくなるんじゃないかなぁ?
って思い始めた頃。
考えてみた条件は
  • 手持ちのパーツが流用できそう
  • 輪行もしやすいと便利かも
  • 見た目よりとても走る
の3つ、
すでにZEROBIKEは持っているから、ZEROBIKEよりもうちょっと遠く(片道1kmより先。笑)
を楽に走れて服装をあまり気にせず街を散策できるくらいの自転車が欲しいなぁって感じでした。
輪行も視野に入れてるので軽快車(いわゆるママチャリ)はダメ。
そんなわけで5~8万円くらいかな?さっそく販売されている自転車を見てみましょう。
……

26インチばっかりじゃないですかー!

身長150~160cmあたりがボリュームゾーンだからでしょうか、
スポーツ系の自転車でも700cのホイールを使ってるようなスタッガードの自転車は見当たらず…。
急いでる話でも無いからじっくりと待ってみることにしてたら、
まめさんからプロムナーダさんで探してそうなフレームあったよ~』というご連絡が。
早速行ってみたら、あらあらなんか赤いクロモリのフレームが鎮座してらっしゃるじゃないですか。
フレームには聞いたことがない「MCKINLEY」という文字、シートチューブには「TANGE」という
何やら聞いたことがある文字。
お値段はふむふむ…。
完成車で5~6万の自転車を買うなら妥当な金額。
見た目は一目惚れだったけど1~2年計画で考えていたから、突然の出会いに戸惑ってしまう私。
「すぐには売れないでしょう」という言葉を信じてその場でお持ち帰りしたい心をグッとこらえて
一度お店をあとにしました。
その夜、今日出会った「マッケンリー」か「マッキンリー」という自転車について調べてみることにします。
今は特に流通していないメーカーなのか、情報は皆無。
わかったことは大阪の「みどり製作所」というところで作られた(っぽい)フレームということ、
丹下という自転車でよく使われてるCHAMPIONというクロモリのNo.4(っぽい)こと。
(CHAMPIONのNo.1、No.2が自転車に使われているようで、No.4の素性は不明のまま)
『マッキンリー』のロードバイクの情報は少し、本当に少しだけ出てくるんですけど、
スタッガードフレームの情報なんて出てくるワケがなく。。。
インターネットで分かった情報からすると、たぶんきっと私より年上。
ルイガノCENのメンテナンスをしたり、ZEROBIKEのパーツ交換をしたりしてきたから、
きっと普通のことなら出来るはず…。

そしてついに綾祢家にやってきたのでした。

この投稿へのコメント

  1. アンカー星人 said on 2013/12/18 at 17:37 JST

    はじめまして。 ZERO BIKEの頃から読ませてもらっています。 発想がすごいですね。 また遊びにきます。

  2. よしを said on 2013/12/25 at 18:30 JST

    みどり自転車のマッキンレーです。
    今から25~8年くらい前に生産されたものです。
    形状はスタガードではなく、
    ミキストフレームと言います。
    通常はランドナーとして組み上げられるものですよ。